交差点

夜空には星がある。

あれっ、曇ってた筈なのにひとつ、
と思ってみていると、
そこにはふたつあり、みっつあり、無数にある。

星の光に気付かないでいる事、簡単だ。
曇ってると思い続ければいい。

でも、目が醒めれば、わかる。

朝、そこには星は無い。
夜、そこには星がある。

輝くもの、輝き続けろ。

きっと。

今まで見た

単純に、焼き付いている。
大阪クワトロで見たJB’s。
京都磔磔で見たバディバーストオールディーズ。
D新館ホールで見たクローリーキングスネイク。
Lizard Loungeで見たRed Time。
Sculler’sで見たRichie Heavens、Ahmad Jamal。
Orpheum Theaterで見たSonic Youth。
Boston Harverで見たTori Amos。
Blue Noteで見たMeshell “b” Ndegeocello。
NYのどこか(Waters?)で見たMark Ribot。

世界的なアーティストも、一部の人間しか見れなかったバンドも、その衝撃を与えられれば
僕の中では同じだ。

時が、無限になる。

そんなliveが、したい。
単純にさ。

swordsmith

色々な所にアンテナを張る、それが大切、
と言えば聞こえはいいが、俺の場合は概ね興味が散漫なだけだ。
でもしょうがない。飛び込んで来るものは何か確かめたくなる。

日本刀。持っては居ない。だが、刀職人のあるインタヴューを読んで妙に感銘を受けた。
自分は刀を持つつもりは無いし持ったとしたら極めて危険な人物だし、
路上で誰かが持っていても酷い迷惑だと思うが、
対訳にあったswordsmith、という言葉に凄く惹かれた。

スミス?gunsmithというのを昔聞いたような…
そうか、smithとは「名人」の意味か!と思い、
ならばdrumsmithとかpianosmithとかいるのか、じゃあ**smithとかもありか、すっげえ、と人生の愉しみが増えた気分になっていたが、
どうやらsmithは「鍛冶」の意味らしい…

でもハンマーで叩くのが鍛冶なら、pianosmithはありだな。
Anoはガンガン叩いてる。
で、俺もベース叩いてるから、basssmithじゃないのか?
ここで、sが3つも並んだ字面を浮かべて気持ち悪くなり、俺の空想はめでたく終わった。

-ちなみに、Anoも時折世話になってる”pianosmith” [調律師] のO氏は達人中の達人で、
彼にかかると死んだピアノも生き返り、なんともいい深い音色になるのだ。-

ところで、bassには、それも職人中の職人、Ken Smithというブランドがある。
時々機会があって弾かせてもらうのだが、正に1日に「完璧や」と100回うなって
それを何百日繰り返してやっと世に出たかのような楽器だ。
まあピアノという楽器の造りの凄さを思えばエレキベースは単純なのかと思うが、
これはピアノに通じるものだ。
ただ、これを弾きこなすには、相当の試練が必要と思う。

Calendar

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930