時は視るものだ

列車に急ぐとき、心でcountをする癖

走りながら、数えた方が焦らない、と思う癖

慌てる心を鎮める為にcountをする

それがたぶん理由。くだらない事を僕はしているわけだ

数えようが数えまいが、目的地には着くし、列車は列車でやっている

秒数に対してどれだけかの比率でかけまわっても、それはパルスとの約束でしかない

そこで視るものをつかみながらホームまでかけた方が楽しい

二度とは帰ってこない時間

数えてるうちに過ぎ去る

だけど目を閉じなければ、視た物が時間になる

無限の映像を見て、それらのいくつかに名前をつけて、生きている

時は視るものだ

シェアする

関連記事

  1. 2012.03.05

    Rain Tree Crow
  2. 2019.06.08

    fountain pep
  3. 2008.03.27

    哲学のみち

Calendar

2009年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Category

アーカイブ