はるのうみ

宮城道雄の随筆を読んでいる。

彼に限らず、邦楽の大家の多くは盲目であった。

それどころか、かつては盲目でなければ許されなかった職業、それが音楽家だという。

闇の中、研ぎすまされた感性を思う。

また、理屈や要点でなく、勘で習い、勘で教えたかつての才人たちを思う。

彼らにAppleのデバイスは使えるか? 使う価値があるのか?

おそらく、まったく違う音楽の未来がそこにはあったのだ、と思えてならない。

シェアする

関連記事

  1. 2020.10.10

    ten ten
  2. 2006.03.29

    I wonder
  3. 2011.12.19

    again
  4. 2017.06.06

    西国へ

Calendar

2012年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

アーカイブ