レールと記憶と

最近も殴り書きしてるけど
一昨年あたりから
なーんとなく思ってることを
既に見事に著してた人がいた

そういうのって嬉しい
書籍にたまたま出逢えた自分は
少しラッキーだ

その方は67年前に生まれて
19年前に本が出ているのだけど
知らなかった

ヴィオラを弾く方の著
逃げ足が速かった方
読んだらまた感想を書きたい。

シェアする

関連記事

  1. 2020.10.10

    ten ten
  2. 2013.07.04

    空色の列車は
  3. 2017.06.23

    Blue n Gold
  4. 2021.12.09

    低音打楽器
  5. 2018.07.25

    Waltz for July

Calendar

2009年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

Category

アーカイブ