夢幻のセンチュリー

曲がいっぱい
たまってく…

前書いたように、実際に32曲を同時進行で作っていると
自分はアホかという思いと同時に
これが普通だなという気分にさせられてしまう。

自分のいろいろが発見できる。
理想と現実を目の当たりにするということは
それすなわち、日常だ。

といっても一日にできるのはわずかな作業なので
完成のめどはまだ立たない。
飛ぶように日々が過ぎてゆく。

詩集の原稿はもう完成しているが、
音源をつけるかどうか、どちらもありだ。

だいいち16曲や32曲の曲集を
聴きたいかどうかという問題がある。

おれならまず聴かない…

ここでブラックホールに落ちる。
0曲だ。零曲。

ブラックホールはさておき、誰かが言ってたけど、
人間の集中力はせいぜい46分。
小学校の授業時間はよくできてた。
昔のカセットテープはよくできてた。

しかもカセットにはこれがある。

うらがえし
オートリバース

デジタルでもA面B面って、大事だと思うんですよね。

だがおいらの曲は短い - ことも多い。
すると、もぉえぇっちゅうぐらい曲が入って
20分程度、っていうこともありうる。

それはまずい。

ハーフインチのハイウェイ、
ぼくに無限の数ヶ月を、ください。

夢幻のセンチュリーなら、もう貰ってる。

シェアする

関連記事

  1. 2017.06.05

    singtalk
  2. 2016.04.23

    six and seven
  3. 2019.06.15

    空の上から
  4. 2019.03.25

    CD album mini

Calendar

2018年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

アーカイブ