なんでこんな自分は遅いのだと思う果てのメモ

このブログではことあるごとに

ゆっくり だの

のんびり だの

スローライフ、スローミュージックを称賛し、正当化してばかりのようだが、

実際ここまで自分がスローだと、辟易することもある。

僕は元々人の数倍イラチなので、思いついたことはすぐに済ませてしまいたいのだ。

なんでこんな正反対になったのか、知る由もない。

ともあれ、世の中にはプロフェッショナルという人々がいる。
仕事がとにかく速い。あらゆる状況に対応できる。物事を深く理解している。

浅く広く、でなく、深く広く速く、なのだ。

それがあってこその、凪。そんなプロフェッショナルに、僕はなりたい。

だが明らかに体内時空感がスローになっている。なんなのだろう。

今年冒頭からの日記で(一昨年ぐらいからか?)好きなレコードのことをたくさん綴った。

実は、その時一番はまっているレコードについては触れてなかったりもするのだが、まぁわかる人にはおわかりだろう。

その中にはレッキング・クルーだったり(解体業者、という意味)
まぁプロな人々が、一聴するとユルいレコードを支えて…ささえるだけじゃないな、作り上げてきたのだ。

slow になれるための、fast。

誰かが速く動くから、誰かがゆっくりと時間が取れる。

それって、必要だ。

ん…救いになってないな。

たぶん。

だれかがゆっくりしてるときは、誰かが速く動けるのだ。

そういうこと。

自分がリラックスできてたら、それは同時に瞬間的だ。

それにしておこ。

水よりも速く。

シェアする

関連記事

  1. 2021.03.03

    305 のよこく
  2. 2022.01.15

    超紐理論
  3. 2019.06.15

    空の上から
  4. 2016.12.12

    kiki の運動

Calendar

2022年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Category

アーカイブ