canary in cage

アメリカからやってきた人とときどき少し英語で会話する。

本当ならがっつり教えて欲しいのだが。


米国だと、10代に三回、大きな誕生パーティーの習慣があって、

その三つ目、成人になる18歳のパーティーでは

ガバメントからお祝いの封書が届くそうな。

そこには、男性の場合、「米国が他国と戦争状態になったら、徴兵の対象となることに同意する」

という一文があるのだそうな。


フリーダムとリバティの国では、すべての国民がシステムとミリタリーに手綱を握られている、どうやらこれが実際のようです。

そのカゴが大きいか小さいか、あるいはどう見えるか。

それだけの違いなのかも、しれませんね。

それでもね。

気づくことはたくさんあり、思うことも、たくさんあるのだ。

気が遠くなるが、これからも。

シェアする

関連記事

  1. 2020.11.01

    夜の江ノ電
  2. 2016.03.30

    目がなにを
  3. 2022.04.12

    re-member
  4. 2019.08.21

    みずいろの砂
  5. 2021.02.26

    つつ

Calendar

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Category

アーカイブ