わかりにくいライフワーク

東京にいってもインスピレーションは受けるし

幸い演奏の機会もあるし

とはいえそれに甘えず ライフワークをやっていきたい

僕の場合、ライフワークが非常にわかりづらい

身近な人であっても、わかりづらいようで、たとえば今降り出した雨にも、おそらくわからないだろう。

(雨はとにかく、人のいうことなんか聞いちゃいねぇ。すべてを飲み込んで流れていってしまうのさ)

(空気の中に飛び込む。自分が水であること、摩擦で消え去りかねないこと、そのぎりぎりを楽しんでダイビングしてるんだから、それ以上の周りのことなんか知ったことじゃない。自分は、あめ、なのだ。空から降りて、地面につくまでの、ただそれだけの間)

…とまぁ、こんなふうに出鱈目で指の運動にしかならないようなことが、わきでてくる。それをライフワークと呼ぶのだろうか。


時間はとにかく逃げていく。逃げ足の速さはランニング・マンナミダ。

シェアする

関連記事

  1. 2016.07.22

    さなぎ
  2. 2020.08.08

    upside down
  3. 2022.05.22

    ある水際作戦

Calendar

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Category

アーカイブ