9.30

過ぎてからなんだが、僕はこの日がどうも感慨深い。
自分の人生で何があったわけでもないのだが、何か、こう。

以前車の名札にしていたこともあるし、うーん、なんでだろな。

台風である。またしても。
なんで今年はこう台風や豪雨や地震や、天災が多いのだろう。

といっても、日本ではこれが当たり前。災害と共に暮らす民族なのだから、
自然を見くびったような嘘に固めた技術は見捨てるべきなのだ、と
堅く思っているが、なかなかこの国を動かしている人たちはそうはしない。

お上なんだから逆らうな、とずっと統治してきた国なのだけど、
やっぱりお上、どこか頭弱いよな、とつくづく思うのだ。

最近は図書館の世話になる。
佐野洋子さんの「問題があります」を読み始めた。破壊力あってぎょっとする。
本文を借りれば「うしろにとびのく」。すごい人だったのだなと思う。
近くにいたら、さぞ厄介だっただろう。
親戚に一人ぐらいいてもいいのだろうか。二人いたら、もう大変だろう。

そんな人が、ぎょっとするような知人を描いた「或る女」が特別付録。
半実話だろうか、どちらでもよいのだけど。

ぼくはこの人の「おじさんのかさ」がとても好きだ。
なんともとぼけた間合いもおじさんの表情も、そして侵食性のある青も、とんでもなく素敵だ。
おじさんのコートは、青の上に黒を塗って、さらに青で縁取りしているのだろうか。

傘にいれておくれと頼む男の子に、目をそらして聞こえなかったふりをする、
なんともヒドいおやじなのだが、こんなどうしようもない輩、けっこういるわけで
(おれもそうでないとはいえない)
きれいごとじゃなくて、やっぱり破壊的。

シェアする

関連記事

  1. 2017.06.27

    詩集
  2. 2014.07.14

    Requiescat in Pace

Calendar

2018年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Category

アーカイブ