あめをぬけて

ねずみいろのそらとトリニティーをみたあとは

新街道を越え、旧街道の港町

今年初めて、列車の駅というものに足を踏み入れる。
長距離運転のあと、地下駐車場から登る。コンコースにだけ用があってのこと

歩き慣れたはずの階段がずっしり重い。少年の頃は相当鍛えていたのだろうよ。

反対口に出て、それとなく場所を吸い込む。

駅ビルの脇に、なかなかの五日月

はかってもわからぬほどの違い

ちょっと大きな、鍵のつき。

シェアする

関連記事

  1. 2021.03.08

    とぎれても
  2. 2014.09.03

    なつのおわり
  3. 2013.08.11

    namba
  4. 2016.05.30

    twelve and thirteen

Calendar

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category

アーカイブ