ががーりん

写真を撮れない。

ちょっとしたスランプかもしれない。いや、別に。
僕はフォトグラファーじゃないし、カメラの使い手でもない。

そういうことではなく、スマホでもなんでも撮ろう、という積極的な気になれない。
インスタをやらなかったのもあるのかな。もったいない。でもどうしてもあの手のツールが信用できない。

写真は才能のある素敵な人がいくらでもいるから、任せておけばいい、
確かにそう思っている。だけど自分が思うイメージもある。

自分が見ている景色ってなんなのか、ときどき不思議になるけど、
たぶん、そのイメージどおりに写せないのはカメラ選びや使い方の失敗というより
他に原因があるのだろう。

自分のイメージを写せる道具があればいいのに、と思う。

でもそんなもの手に入らなくてもいいとも思う。月を見れなかった水曜日。
月が見れなくなるのを見れなかった、湖上。

水面。藍色と灰色と黒のグラデーション。光たらず。列車がゆく。


視覚に興味がないわけではないのだけど、このところすっかり、
見かけを気にしなくなった。他人にも会ってないしね。

それはある意味、とてもいいことだ。髭面とさっぱり、オールバックと坊ちゃん頭を行き来するけど、
帽子も被らなくなったし、その必要もない。というか、どこにいったのか見当たらない。

そんなことより、内面だ。何ができるかを考える。考えこむより先に手を動かす。

以前できなかったことが、だんだんできるようになってくるのに驚いている。

捨てて、得るものって、あるんだね。


いい曲をときどき思いつく。ミニマルと言いつつ手癖の繰り返しで済ませる自分だが、いい加減芽を出したい。

その先何枚も葉を出し、昆虫でいうなら脱皮し、どこかで見たような姿になり、そしてやがて、やっと物事は何かになるのだとすると。
何にもなれないというのは思い込みだとようやく気づく。たぶん何かになる。


どうも内省的でいかん。内政干渉的か。

でも、スーパームーンの月蝕の、それも雲隠れの夜に、そうでもならなきゃどうなるんだ。


面白い曲がほぼ出来上がってる。楽しみだ。いつも曲作りは楽しいけど。

その先の次が、楽しみなのだ。全然違うアイデアが、たくさん出てきて、ようやく系を循環しつつある。

たぶん僕は、相当たくさんの曲を生むだろう。

シェアする

関連記事

  1. 2015.11.06

    あれっ
  2. 2013.10.17

    undoo
  3. 2014.06.12

    Nautilus
  4. 2017.10.28

    shamama

Calendar

2021年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ