ホメケナシー

絵本屋さんに友人を尋ね、少し挨拶する。

アナログ盤でリッキーリー・ジョーンズの2ndがかかっていたので、ライナーノーツを見せてもらう。

田中康夫ともう一人田中さんが書いていたもので、とても、なんというか、ウケた。

あの時代、衝撃的な、あるいはお洒落だったんだろうか(日本では)。そんな文体だ。

リッキーリーって、サウンドがとてもしっかりしていて、ザ・スタジオミュージシャンが関わってるなというか、人を惹きつける人だったんだな、とはよく思う。

僕の周りにもファンが多いようで、なにか、リッキーリーって、安心ブランド、みたいな気がする。

話が飛ぶが僕はここ数年、オリジナルを弾き語りしたり音源を出したりしていて、たまに「リッキーリーみたい」と言われることがある。

僕自身はそれほどまったく彼女のレコードに詳しくはないのだが、言われて悪い気はしない。そりゃ。天下のリッキーリーさんですぜ。

とはいえ、正直に告白するが、僕は彼女のボーカルがタイプではない。
声質が、なんともいえない、僕の神経を遠ざけるものがあるのだ。たぶん周囲にこういう女性がいたら、ほぼディスタンスを置くだろう(ひどいこと書いてますね)。

そこで、ある日、その感想を2度目にくれた人に、「あのね、言いにくいのだけど」と話してみた。「彼女の声って、あんまり好きじゃなくて」。

彼はなんと言ったか。「うん、僕もあまり好きじゃない」。


いいよね、言ってみるもんだ。魔法の言葉、謎が溶けたり。

褒めるのとけなすのを両方、絶妙に兼ねる言葉。これぞ本音と建前だ。
生きる知恵ってこういうことだ。

(ほんとにリッキーリーの歌が好きな、幾多のみなさま、ごめんなさい。僕はこういう処世術ができないのです)

たぶん、僕は自分の声のある部分と、彼女の声のある部分に、近親憎悪的な感情を持っているのだろう、とは思っている。

自分がトム・ウェイツみたいな太い声をしていたら、あるいは本当に、素直に愛してやまないのだろうか。Blue Valentine.

そういえば周囲の人も、そうだった気がするな。
と、遅まきながらフォローしておきます。

シェアする

関連記事

  1. 2013.02.12

    うそと音の話
  2. 2017.06.27

    詩集
  3. 2013.01.08

    つかさおさむ
  4. 2008.06.01

    その方法

Calendar

2020年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ