2.11

昼、練習に出かける。

扉を開け、久しぶりに見た猫にまた逃げ去られ、苦笑しながらいつもの場所へ。

駐車場はほぼ満杯で、そんなに出歩く人いるんだろうかと思いつつ
目的地はいつもに輪をかけて、誰もいない。

僕は、本当に人の居ないところに縁があるらしい。

体の軸がまただいぶ歪んだな、と思い、直しながら4時間。


高野寛さんの日記。

note でも読めるのですが、サイトの方をリンク。
https://www.haas.jp/post/2021-2-11(木)戦争と平和

僕がずっと感じてきたことも、これに近いです。

英雄物のドラマにせよ大河にせよ、そこには必ず
物語を彩るために影になった側の人がいる。

そういう意味では、近年の明智光秀再考*などは興味深いですが。

今日は建国の日。世界にはさまざまな建国の形があるとはいえ、
そこには、誰か、あるいは集団を称える形で作られた、
フラットな目で見るとぎょっとするような物語が少なくない。

フィンランドについて、トーヴェ・ヤンソンの研究史を唸りながら読んでもほんとにそう思う。
先日からトロトロ 進んでいるのですが、ただいま十二章。面白くなってきました)

高野さんとは、実際のところ、まだほとんどお話しできたことがない。
– 京都のタクシーで、同席させてもらったことが懐かしい – のですが、
この方のセッションに参加できたことがターニングポイントの一つであり
ずっととても感謝しているのです。

* もちろん、光秀も戦国「英雄」の一人です。その後ろには無数の。

シェアする

関連記事

  1. 2013.04.08

    2013年の巻き尺
  2. 2017.08.04

    ろくおん
  3. 2017.07.27

    ミッシー解説
  4. 2016.12.31

    thank you 2016

Calendar

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

Category

アーカイブ