壁のむこう側

ふと、自分を勇気づけたある考え、或は、こじつけ

「過去、生前認められず、後に認められた人たちは、
たまたま認められなかったのではなく、生前、本気で失敗を繰り返していたのだ」

本気の試み、本気の失敗は、本気でイタい。
よって、その空気をたっぷり共有した同時代人に認められることは決して無い。

だがそれっでも、折れた後に成した何かは、
イタい空気の去った後に、認められることもあったろう。

もし、本気で失敗の次に行けたなら。

つまり、失敗するか、成功するか、に関わらず、

次に進めるかなのだ。

シェアする

関連記事

  1. 2014.06.01

    TRII
  2. 2019.06.08

    fountain pep
  3. 2017.10.28

    shamama
  4. 2012.02.11

    かんたん

Calendar

2014年1月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Category

アーカイブ