nigatsu

二月総括。

昨夕 2.27 は満月だった。京都の人によると、月の出が見ものだったらしい。

残念ながらこちらでは曇っていた。夜半に、真円に見えぬ朧月を見上げる。

そう今回は、月にあわせて何も発表しなかった。新しい詩も書かなかった。が。

ちょうど曲ができたところだ。


とぶように過ぎる月日をおもうこの頃だ。
例年ならツアーの準備、業務、確定申告、てんやわんやであったが
前述の通り演奏チームからは離れることにしたので、その他の変化が大きい。

やる事は沢山あり、感慨に耽る間もない。これはある意味、感謝すべきことでもある。

これから何十年になるかわからぬが、道を考える。
災害や感染症、世相、それだけでも、いつ何がどうなるかは覚悟せざるを得ない。

誰であっても、ほんまにね。

だからといって、諦めて放棄はしない。
実際、自分にやれそうなことは、これまで思い込んでいたより遥かに多そうだ、と日々気づいている。

もちろんこれは「やれたことは」の裏返しでもあるのだろう。
だが、心のさすところに向かう。


テクノロジーの進化は凄まじい。コロナ禍でもかえって発達したこと、してしまったこと、
これをよいことに勢いを増してしまったこともある。

テクノが敵か味方か、ずっと見極めている自分だが、
これは両方であり、使い方であり、捉え方であり、これからの展望とつきあいかたの問題でもある。

さらに、僕の世代だけの話ではとっくになくなっている。


あんの上、振り返りきる前に二月は去った。
3.1 目覚めるとジェット機が低空で飛んでいる。

シェアする

関連記事

  1. 2014.10.18

    エノラゲイ
  2. 2021.05.31

    五月
  3. 2008.11.05

Calendar

2021年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

Category

アーカイブ