My Key

大橋トリオ、今年最初のリハーサル。

昨年は一月にも、モーターショーと一緒のフェスに出たりしたから
少し集まるのは遅いのか。しかし多くの曲を合わせるという意味では早い。

いつもの、久しぶりの、初めての、面々と集まって交わす。
音を。キャラクターを。コンセプトを。


今回のアルバム This is music too には、初めて曲提供をさせてもらいました。

自分のバンドやデュオに書いたり、自分用に作ったりはしてたけど、
アーティストに曲も詞も書くのは実は初めてです。

昨年は Mikko さんに詞を書かせてもらったということもあり(しかも詞先で)
作詞は二作目。

quiet storm について
インタビューで大橋さん(トリオどん)が色々言ってくれていて
それはとても、不思議な気分です。
当たってるとも、まぁそれはちゃうかも、とも
いつ「自称・詩人」しましたっけ、とも。
勿論リップサービスも感じるものの。嬉しいものですね。

あ、持ってった曲は「5、6曲」じゃなくて「4曲」ですよ。

なんにせよ、作品はふらっとどこかからやってきて
そして僕という触媒の中でしばらく過ごし
プレパラートに載せられて僕にしばらく面白がられ
整えたりデモテープになって、そこから人の感想とパッションと共に育っていくので…

あとは、CD やレコードや配信やライヴをそれぞれに感じてくれれば
最高なので。
脳内再生、カラオケ、バンドコピー、なんでも。

この歌詞は何気に
僕の新境地でもあり、かなり言いたいことを無意識含めて言ってるので
- とはわからないでしょうね -
みんなで茶化してくれれば本望です。
たぶんそのうち乗っ取られるでしょう。あなたは。

曲の方は極めてストレートアヘッドだと思ってて
メロディもそうだし - 寧ろ、70年代ぐらいの「ありきたり」を投影してたり
だいたいキーが E のファンキーなのって
ベーシストなら基本中の基本。

だけどあまりにみんながやるからずっと避けてて。

…つまり、ベースを持って E の曲を弾くなんて、安易すぎると思ってやらなかったんだけど
巡り巡って、初心に還った、みたいなところか。

音楽に My Key みたいなのがあるとすると、それは D (Major & minor) であり、G であり。
長年、ベースの4弦を Lo-D に下げて、そういう演奏や曲をやってました。

しかし、最近やってる曲の幾つかは E なのです。
わらい x きみ、Different Town、さむたいむ も…

アプローチはそれぞれ違う。

ギターや8弦や、歌や、そんなこんなで、違う世界が見つけられたから
E の曲を作るのに、抵抗がなくなったのかも、しれないです。

<追記>
因みに媒体資料が違っていたのか、一部僕の名前が近藤玲になってますが、それは違う方です。
近藤零に、と訂正お願いしたら何故かローマ字で Ray Kondo になってました。

シェアする

関連記事

  1. 2017.09.29

    kokuchi
  2. 2005.11.05

    Speak Easy
  3. 2017.06.23

    Blue n Gold
  4. 2019.06.28

    ohanashi19

Calendar

2020年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

Category

アーカイブ