shamama

シャママ、という言葉が独歩している、らしい。
局地的な現象ではあるが、見過ごすことはできないのでここに記す。

–誕生–

この、シシャモとマシュマロとママス&パパス、のような「シャママ」は
5月に某…大橋トリオ名古屋公演にて、
(直前の金沢での五七五が長かったらしく)
「MCを短くせよ」とタイムキーパーから要請を受けた事に対する、
僕の心の呻きであった。

…Then tonight I’m gonna SHUT MY MOUTH…

心の呻き…ちがウな、心の自動操縦…心の3Dプリント、
あるいは「ひとうちななつ」の巨人エピソード、
仕立屋が「岩」と称して絞ったチーズ…それが近いのか…

当時、世界のどっかで、日本の役人が人権的な質疑の最中に
“shut up” と言い放ったことへの、ガンジー的なアレも入ってるかな…

要するに、喋りません、というのを
ジャパニーズイングリッシュで言い換えたのである。
それが「シャママ」の誕生。そしてシャットアウトするはずだった。

–蒲生の薬売り–

ところがその後「シャママ」は、ジワジワと界隈でキているらしく、
最近では僕が某薬局で見つけて愛用している
「おやすみテープ」の変名となっている。

口を開けて寝る人向けに、強制的に口をふさぐ、絶妙な粘着力のテープである。

口を開けて寝るとロクなことがない。喉は渇くし風邪はひきやすくなるし
他にもいびきとか色々あるらしい。

数年前だったか、別の仕事でツアーメンバーの誰かと誰かが
「小さいころは親から口にテープをされた(されそうになった)」「うそでしょ」
と会話しているのを耳にして、んなアホな、と思いつつ気になっていたのだが…
そんなものが商品化されているのを見ると、いよいよ世界もヤバいのではないかと思う。
両方の意味で。

–ishutmouthiusefingers-

シャママの説明をするのに言葉は要らないはずが
実際は逆であることを指が証明しつづけている。

–おだやかなねむり–

シャママテープ、をすると、笑える顔になる。
誰がやっても笑えるはずである。
だが、今夜はもう、食うものか飲むものか、喋るものか、と決意して眠りに臨むのも
悪くないものである。

–電話とよこく–

それはシャママを貼り、横になったまさに直後だった。
jkから着信があった。思わずとった僕は、モゴモゴと喋り出した。
なんでも「生で詩を聞きたい」とのことである。
背後にはwcとcpとotの気配がある。
「オレ、テープしてるよ」
すかさずFacetimeを強要され、僕は断乎として拒否した。
連中には何をされるかわからない。笑える顔をストック、あるいは晒す可能性が十分にある。
恐ろしい世の中である。
しかし詩の朗読には応じた僕は、眠気の中、口の右端左端だけを腹話術のように使って
「よこくの太陽」をモゴモゴ詠んだのである。

–遠隔操作–

その電話朗読は録音され、ライヴイベント会場で流された。即興演奏付きで。

僕はそれを後から知った。

さらに近畿では、「シャママテープ」が景品としてプレゼントもされたという。

–さいごに–

シャママは、モゴモゴ詩を詠むためのものではない。

受け取った方が、これだけをわかってくだされば、
僕としては安心して、また眠りにつけるのである。

シェアする

関連記事

  1. 2008.06.16

    波長
  2. 2016.04.04

    one and two
  3. 2020.08.23

    sugao no mousou

Calendar

2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Category

アーカイブ