アンテナ・アンテナ・アンテナ

生を受けたこの世界に、昨今この情勢、警戒を抱いてはいるが

それでも自分自身はポジティブである。

やれることをやる、しかないのだ。

- 音楽を人と共有できればそれが一番だ -
- 鳴り止まないことが大切だ -

そういう人たちの意思もわかる。それが完全に解決策とも思わない。
(音楽そのものを否定する人がいる限り。そして、その気持ちも決してありえなくはない限り)

が、自分はやれることを、磨くのだ。

何しろ、僕自身、昔は音楽がすべてではなかった。
かなり小さな頃から音楽と共に生きてはいたが、
それでも自我に目覚めた頃から中学のある時期までは、
音楽以外のことの方が心を大半を占めていた。
自分が何かに没頭できるなら、無音でも、よかったのだ。

それがあるとき、FMから流れたポップスにスライドしたけれども

その頃は、まさか自分がライヴをしたり、ジャズをやったり、
自分が受け付けなかったロケンロールやフォークを
好きになるとも、これっぽっちも思ってもいなかった。

人は、変わるのだ。

だから、人には、いろいろな可能性がある。

音楽を、また様々な国の文化を好きになり、
日本のことばも好きであり続け、
楽器を続けている以上、これからも探り、少しでも自分がいい「  」になれるようにと思う。

折に触れて、人に言われたことが人生の楔にもなり、傷にもなりつつも
それを溶かし、乗り越えることが
できると思っている。

ひねくれた僕はたとえ音楽でも「分かち合いましょう」なんて言えないが
それでも、そこにいる人たちと、何かを感じることができると思っている。
よい「」であれば。

人の役割のひとつは、アンテナ - 触媒だから。

シェアする

関連記事

  1. 2020.08.08

    upside down
  2. 2018.12.16

    henoko
  3. 2015.10.09

    じゅうがつ
  4. 2020.09.20

    空洞の磁界

Calendar

2015年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Category

アーカイブ