ほたる

とても揺らいでる月を誰もつかまえられない
キャンバスなどそこにはないから
おもいだして 生き返らせなければ
どんなかみにも ふゆうたいにも

それはぼくのめが 走っていたから
何百キロも 夜通しで

目の前で 揺らぐ月
いなくなると わかるから
記憶の種だけ おいてこって

シェアする

関連記事

  1. 2007.12.15

    さる棒
  2. 2016.06.04

    fourteen
  3. 2017.05.23

    mobiles

Calendar

2009年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Category

アーカイブ