I のつぎは II だろう

先人たちの鋭い弦、柔らかい声やシャウトにおののく。
フライパンがあと三度乾くころには秋。

嘘つきは政治家のはじまり、というぐらい。
うそも、取り繕いも、できない約束も、したくないものだ。

だが当人、八月中の配信は未遂におわる。無念…

布谷文夫さんや大瀧さんがどうして「悲しき夏バテ」なるレコードを作ったのか、そしてそれがどうして11月にリリースされたのか、今もって謎だが、制作中はやっぱ…夏だったわけですよね?

ということで、九月がきます。いい あきを。

シェアする

関連記事

  1. 2012.11.09

    These Walls of Mine
  2. 2020.05.21

    neptune
  3. 2022.06.23

    sometimes…
  4. 2013.07.10

    ンデーノス

Calendar

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

アーカイブ