81-18 x 2

昨日も全然ちがうところで

「1984」の話をアメリカ人から聞いたのだけど、

現実が「真理省」に接近している今、

メディアで仕事してる人は、大変なんだろうな、

居場所はあるのかな、戦ってるのかな、

しっかり上を向いてるのか、萎縮してるのか、

それとも気にしてないのかな。

こんな中で続けている人には敬服。それには違わない。

メディアに圧力かけてた人たちが

言論弾圧の被害者面をして絨毯をめくっているのが

ひどすぎて、こちらは前羽と後翅を伸ばして

異世界にでも行きたくなる。

真理省とファンタジー、どちらもあまり、長居するところじゃないな。

とはいえ、感覚は研ぎ澄まされてくる。


トラック。

1マイクだけか、2トラックだけか、でも作品は作ってきたのだけど、

時折、やたら沢山のトラックを並べるときがある。

打ち込みでもないのに4〜50トラック、マイク録音を重ねたりしてると

やはり、何がよかったのか収集がつかなくなる。

あともどりも嫌で、いつまでも、さきのばしをするのだが、

今日はバッサリ、切り落としてみた。

テンポも変えて、全部ゼロからやりなおす。

手応え。その方が面白い。

シェアする

関連記事

  1. 2022.11.23

    Mirai no Kioku
  2. 2017.09.17

    New Acoustic Camp
  3. 2019.01.26

    Poetry Bird

Calendar

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Category

アーカイブ