21≠18

朝から衝撃の事実

– 昨年は四年前だった –


毎年、元日には海岸で初日の出を撮り、日記に載せたり、
玄関に小さく飾っている。

いつも僕は、砂浜に年の数字を描き、陽光と共にフレームに収めている。
足跡を砂に残さずに描くため、海岸に着いたら、手ごろな「年号描き棒」が落ちていないか探す。
他にこんなことをしている輩は見当たらない。

2021年はなかなか陽が雲から出ず、数字は何度か波にさらわれた。
撮ったのは これだ。玄関には…

よって去年は玄関の写真を事実上「あきらめた」のだが
年の途中から、数字のない他の年の写真を選んで飾ることにしたのだ。
白状する。これはある種の、改竄だ。

その写真は、2020.1.1のもの
…2021は、2020だった…
という、後ろめたい記憶が残っていた。

年が変わってもスローな僕は、今日ようやく意を決して写真を変えた。


プリントした写真の裏に手がかりはない。改めてアルバムと見比べる。
2020のライブラリーにもない。
その写真は2018.1.1のものだった。

…2021は、2018だった…

それはいくらなんでも、あかんやろ。


今年は、まずまずのが撮れているので、バッチリ飾った次第。

シェアする

関連記事

  1. 2018.08.14

    お盆周辺
  2. 2020.09.20

    空洞の磁界
  3. 2008.04.10

    ちえ

Calendar

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ