静かなレールを何万本もまたぐ

昔から好きだった音楽にダイブ繰り返しながら

地球の裏側にはまっている、という日々。

Paul Weller は存在として最高かっこいいけど
曲が最高かっこいいのはやっぱ Walls Come Tumbling Down! だな

MV の観客のノッてなさ加減、合いの手の彼女の気合目線、含めて、深いな
だけどこれ、いい加減カバーでやりたいな

そんな一方アルゼンチンのミュージシャンによる

ojo-de-agua

Ojo de Agua

おそろしくすばらしいアルバム。
真摯にクリエイティブってのは、こういうのをいうんだろうな

シェアする

関連記事

  1. 2009.05.03

    よくあること
  2. 2016.04.04

    one and two
  3. 2021.01.05

    序の口
  4. 2019.07.24

    The Soul Trembles
  5. 2020.06.05

    rivet

Calendar

2016年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category

アーカイブ