Requiescat in Pace

久しぶりに
runes
を聴いた。

僕にとってその音は、
1995の秋に毎日この曲を聴いていた Harvard Bridge の上と変わらぬ佇まいだった。

演奏されたのはその20年前。

Charlie Haden は、これまで遺した音の、どれだけを振り返ったのだろう。

シェアする

関連記事

  1. 2020.01.09

    わらい x きみ
  2. 2010.05.17

    久々の煉瓦
  3. 2016.07.22

    さなぎ

Calendar

2014年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Category

アーカイブ