nigiyakana tento

冷たい雨と夏の陽射しが交互に。
満月まで来てしまった。空は賑やかだ。

静かなサイレン

遠いはずのFMチューナー

おそろしくポピュラーな選曲

吹き荒れるクリアーな笑い声

強くなったんだな、もとから強かったんだなと

余計な詮索。

通行止めで降ろされる高速、つながらない道からは迂回路が数珠繋ぎ。

数珠から漏れてパンを買う。店構えに惹かれたから。

簡単な切り返しをしそこねて、またタイヤとホイールを痛める。
それよかフロントの角、結構擦りまくってる。気にならなくなってる自分はアメリカ人並みか?

そこもかしこも宿場町、周りにいる人はみんな宿場町で活動してるんだな、と思うと
どうやらそれぐらい日本全国に「宿場町」がたくさんあったようだ。

というか、人が寝泊まりするとこ、すべて「宿場町」ちゃうん?

そんな風情がぜんぶアスファルトや同じ図面のSAで取って代わられるのは
やっぱおかしいなと思いつつ、それでもネズミ色の道を追う。何を追ってる?

山の上のSAでは束の間十四日月が見れる。背中だもんな。西行。

そう空はにぎやか。空想も賑やか。地面も…そうだねやっぱ。

シェアする

関連記事

  1. 2020.08.09

    八の月
  2. 2017.08.27

    summer
  3. 2022.03.13

    no weapon

Calendar

2023年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Category

アーカイブ