さあて。

と思う

だけである。

どうしようもない世の中。
これ以上悪くなる予感ならいくらでも。

いや、何億人もの人が、これまでの歴史で感じてきたんだね。
理不尽に命を奪われながら。

そうはさせない。

と思うも、無力も思う。

着々と策略するやつはいつでも着々としてる。
こんなときこそ。

清志郎さんのタイマーズの「争いの河」
思い出せばいい。

こっちも思う。

さあぁて。

シェアする

関連記事

  1. 2012.10.14

    carried away
  2. 2013.05.30

    阪急そば
  3. 2020.09.20

    空洞の磁界
  4. 2014.03.11

    311と生命線

Calendar

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Category

アーカイブ