瀝青

道路の夜間工事。予告はされていたが、実際に始まるとなかなかのものだ。

家が夜中まで地響きをしている。

こちらもアルコで対抗する。これができる楽器というのが、いいのやらなんやら。

しかし工事の作業員は、この極寒の中、スケジュール通りにアスファルトを夜通し扱わねばならんわけで
ぶるぶる とんでもない。頭が下がるやら、なんで休みにしてあげないのかやら。

日本でアスファルト舗装がこんなに多いわけ。何かのリンク記事で読んだ。

僕は常々いろんな角度で疑問を呈しているのだが、輸入した石油(原油)を生成する過程で
アスファルトが出まくるので使わないといけない… まぁそれはそれで納得しかけた。

ん、だがそうなんだろうか。実際の舗装にはアスファルト以外に砂や礫を入れているわけだし
消費以外に、工事自体で仕事を回し、関係を維持する仕組みができてしまい、抜けられない面があるんじゃなかろうか。

予算があるから使わなきゃならんとか、増税しなきゃポストが上がらないとか。おかしいっしょ。やっぱり。

天智天皇に「燃える土」が献上されてから、グラバー邸で日本初の舗装がされるまで。
その1,200年の葛藤が知りたい。

シェアする

関連記事

  1. 2014.03.11

    311と生命線
  2. 2019.01.01

    2019
  3. 2022.02.27

    モノリス
  4. 2022.02.25

    ウォームギア

Calendar

2023年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Category

アーカイブ