11と22

11.22 心温まる字面の日。

ペット好きには、あるいは乱視のあなたには、なんとも親しみ深いことでしょう。

いくつか配信のお知らせがあります。

Apple Music では夜中にリ・リリースされました、“みつかったぞ”

Spotify はこちら

2017に作った第一詩集連動アルバム river silver [side a] より、軽快なジャイヴ・ナンバーです。
river silver の配信停止以降、bandcamp では去年から復活しているのですが、
これも僕のルーツのひとつ。またライヴでできる日を、どこかで願いつつ。

今回はちょっとすごくて、リアルタイム歌詞が最初から表示されています。
某が唄うだけでは勿体ない、皆さんもいかがでござるか。
「ミツカリ駅で」の部分は、各自、心当たりある場所に置き換えてくだされ。

なお、この音源は他と同じくセルフ DIY ですが、
もともとはデュオ Who Knows How to Fish? で、リヒトくんと一緒に演っていた曲です。
池ノ上や、高円寺あたりで。



アカレンガイロノクルマ
11.30 release

アルバム Lapis Lazuli (2022 ver.) 先行配信の A/B シングル。

アルバムのストリーミングが計画より大幅に遅れてしまい、誠に申し訳なし。
結局12月までお待ち願いつつ、この2曲を先にリリースします。

アートワークはアルバムと同じく、by Motomitsu Maehara。

“アカレンガイロノクルマ” は、曲と詩をバラバラに書いたもので、
当時は外苑前(もうとっくにないビル)で壁にもたれ、何か言いたげだったクルマ、新宿御苑裏に停まっていたオールドカー、大きな欅の木にかかるブランコ、などがインスピレーションでしたが

年を経るにつれ、余白だらけだった額縁に、あ、こういうことかも、というシグナルを
改めて感じとり、再構成してあります。

いわば B面になるのは、”Lapis Lazuli III”。
これも昨年の Lapis Lazuli 2021 ver. から何度か紹介していますが、
詩、サウンド共にこのアルバムの裏テーマ曲です。
Lapis Lazuli I/II/III の中でも一番伝えたいこと、かもしれない。

共に、季節にぴったりな、そして時勢に合って(しまって)いる2曲。
アルバム後半から、違う角度でのプレビューも兼ねて、お送りします。


FLAT FIVE & talkin’ brother / stillbeat

このアルバム (EP) は2019年11月から3年間配信してきたのですが、今回はディストリビューションの引っ越しに伴い、11.21のお昼ごろから聴けない状態になりました。
せっかく最近、沢山再生してくださっていたのに、ごめんなさい。

数日のうちには…と思ったら、Apple Music ではもう復活しています。
ちゃんと歌詞つきで。

残念ながら、曲やアルバムに別の住所が割り当てられた模様で、今までライブラリで聴いてくださっていた方には、おそらく一からの検索になってしまうと思いますが、またかけてやってください。

なお今回、featuring の “flexlife” の表記を、”flex life” に変更しています。本人たちや僕の中では彼らは “flexlife” なのですが、配信カタログ名として二単語になっているので、feat. artist としてそれだと正しくリンクされない、ということ。でも折角スペース空けても、Apple だと何もリンクされてない。どういう仕組み?

Spotify は、前のリリースが残っているのか、もう切り替わったのかよくわかりませんが、以前から flex life 表記になってて、ちゃんとアーティストリンクしてくれています。どちらも一長一短なんですね。

バックヤードの話はともあれ、このアルバムはまだ世界が COVID-19 に覆われていなかったころの、まだとても楽観的、そしてかなりの悲観にも今と違う角度で向かっていたときの詩であり、音楽です。
共に空想ではあるけど、どちらが本当の世界なんだろう、たぶんどっちもなんだろうな。そしてこれから向かう世界も。

シェアする

関連記事

  1. 2020.11.29

    tone

Calendar

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category

アーカイブ