水滴と共に

本屋のポイントカードはまだ見つからない。


今日の前行く車は

ブルドーザーを積載した軽トラック

巨神兵の頭部のようなものを積載した中型トラック

あまり見ないものが続いたのでメモ。二つ目はどうやら貯水タンクのようだ。

水を扱うものってなんか、丸みがあっていいんだよな。


水に形はあるのだろうか?

人が「目の形」と思っているのはまぶたの切れ込みの形、あるいは
切れ込みが顔面の凹凸の具合で広がっている形であるように

水自体に形はないと思う。水滴にはあるが、みんなあれを拡大投影しているのだろうか?

ダイマクションカーも、ダイキンエアコンも。

ともかく水は「まるい」「ながれる」イメージがある。
20年近く前のコンピューターは、なんでもかんでも水滴調に、錠剤形のリフレクションをつけていたのだ。

- 思い当たることといえば、インクや墨を使う人は、いつも水滴と共に世の中をデザインしている、ということかな。


身体は大半が水だという。ある種の体操では体を流体として扱うようだ。

かちんこちんに固まりがちな身体が、妖怪人間ベムのオープニングのように、液体であればどれほど楽だろう。

液体が弾く弦、叩く鍵盤、液体が跳ねる Ludwig のビスタライト。


アクアとアクリル。関連性あるのだろうか?

コロナで脚光を浴びたアクリル。脚光を浴びても、スルーしかしないけど。

昔書いた詩をふと思い出した。まだ音源にしていない。


アクリル

ニタニタと笑う
すきま風がさわぐ
アクリルの向こうに 見えた
君のしくみが
俺の想いをたくましくさせる
真珠色に慣れた決めごとを
3時迄にはただようきせきのかげを
どうだかわからない合図にすりかえる
君と僕にしかわからない筈
後から塗りかえることも
毎日が騒ぎ出すかどうかも

シェアする

関連記事

  1. 2022.02.11

    me by the sea
  2. 2017.10.28

    shamama

Calendar

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ