雨と七月の始まり

6月サリ、7月。

大きな句切りではあるのだが、それを許さない日程。
なんとか週末にたどり着く。

クワガタムシにやるミニトマトの確保と、強風で倒れるその植木鉢の保護と、
その他、幾多の諸々。

月の初めは海に行きたかったのに。それどころじゃないや。

最近は裏声に凝っている。どうして裏声と表声の切り替わる音域ってあんなに人生をおかしくするんだろう。
僕の場合はEとFとF#と、そのあたりだ。キーによっても変わるから、どうも不思議だ。

赤い靴という友人デュオを手伝っていたとき、ちょうどそのあたりの音域ばかりコーラスにあって
タジタジになったことがあるが、たぶんそこらへんが余裕のご本人には、その心理はわからなかっただろう。
いや、まじで、そこだけスッコーンと抜け落ちるのさ。

そして僕の場合は困ったことに、そのちょうど周辺の音域が異様に突き出てしまう。
まぁそんなもんは、単に修練が足りないだけだ。そんなんで、マイペースに練習は続けている。

自分の好きな音楽って、自分でしかやれないし、自分がやりたいことって、自分しかできないのだから、それをやるかやらないかは、全く以て自分次第。

周りを巻き込むとか、成功するとか、時流に乗るとか、そいうこととは、違ってね。

布施明さんのさる番組を観ながら、改めていろいろ思う。布施さんほんとに凄いシンガーだなと思い、低弦で参加していた知人奏者の話を思い返し、画面のプレーヤー達に敬意を払いつつ - 幾人かは同じ現場に立った事もあり、勿論凄腕だ - も、それは僕が現在やる事とは違うと、改めて知るわけだ。

ミニトマトが目の前で出番を待っている。

人前での出番がないとはいえ、音楽人生はたぶんこれまでで一〜三番ぐらいに充実している。
田舎でマイペースに生活しているので、その中の限られた時間での精進は、身になっているのだ。学生時代の続きと、世相への緊張感からの、諸々を含めて。

明日は Independence Day。知人二方の誕生日でもあるので、少し連絡をしてみよう。

シェアする

関連記事

  1. 2020.03.09

    さあて。
  2. 2021.05.03

    五月三日
  3. 2018.07.25

    Waltz for July

Calendar

2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Category

アーカイブ