burgundy

久しぶりに、金属の塊をいじる。

数年に一度はこんなことが必要なバーガンディグロー。

Rick 4001を弾くには、不条理を我が友にしなければいけない。

弦のテンションと戦い、数年経てばブリッジが曲がって浮上するベース。

オクターブピッチがずれれば、分解して当てずっぽうに三角・サドルを動かすベース。

三角形の下は、時と場合によってアクリル板だったりする。場合によっては、何もない。

これはほんの一部だ。

だが、これでないと出ない音があるのだ。その音の幅は、アクティブベースはおろか、アコースティックベースとも違う平行宇宙の物語だ。

この謎がとけるまで、ぼくは不条理と共に生きるだろう。

シェアする

関連記事

  1. 2009.12.08

    がっちゃんこ

Calendar

2014年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Category

アーカイブ