モノづくりについて 壱

福岡から羽田に飛んだ時にふと目にしたAir Craftという言葉が非常に印象に残っており
またSpace Craftという言葉もそれに環をかけ素敵だなと思う。

実用品であり、Atmosphereであり、最前線にいるもの、
それがクラフトと呼ばれる事に、心地よい違和感を感じるのだと思う。

英語圏で育たなかった故の勘違いはあろう。
しかし、クラフト – 模型、たたき台、手作り、職人、割り箸、かんな、鍛冶
そんな連想と共に僕は歩んで大きくなった。

それがいざ空を飛んだ時、これはクラフトだと言われたわけだ。

楽しいもんだ。

人間がどれほどこの飛行機にかけているか、
どれほど実験精神に満ちているか
また、どれほど改良の余地があるか
そして、いま飛んでいるという事は、どれほど創造性に満ちているか

なんてね。

Kraftwerkっていうドイツのグループがあった。
彼らはどんな意図でその名を付けたか。

シェアする

関連記事

  1. 2016.04.27

    ようやく
  2. 2012.02.11

    かんたん
  3. 2021.02.23

    記譜と記憶

Calendar

2008年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ