trident

僕はマラソンには一度も参加しなかったけれども
そこは3日に一度は歩いていた界隈であり

そしてあそこは僕にとっては「記憶の街」でもあり

ところがあれから時が経って
nine-elevenやさんてんいちいちがあって
その間の自分や色々の変遷を通して感じるのは
とても複雑な色の感情

悲しみ、怒り、諦め、で表せない何か。

これがテロなのか、特定の国や組織がやったことなのか
それはわからない
ニュースで犯人とされる者の国籍が見出しになったところで、
やはりそれはわからない。

その背景が個人にせよ、集団にせよ、
どうしてこんな事が起きてしまったのか、
どうしたら加害者を生まないようにできるのか、見いだして

破壊や報復や、世論先導や戦争や、誰かの利益や、
そんな、911以降もアメリカが踏襲してしまった愚かな道を辿らないように、
311以降も日本が見てしまっている愚かな視界に騙されないように、
誰かのstrategyにならないように、
みんなが、一歩止まって、考えなければならない
そんな出来事だと思う。

自分は、止まったまま、まだわからない。
ボストニアンとシンクロしたい気持ちと
アメリカの暴走を見張らなければいけないという気持ちが
共にある。

シェアする

関連記事

  1. 2008.11.05

  2. 2019.10.24

    クレーン男

Calendar

2013年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Category

アーカイブ