皆眠日食

眠れなくなる宇宙のはなし / 佐藤勝彦
を読む。

ゾウ、カメ、ヘビが支えてる宇宙や
タマネギ型の宇宙
夜、目を開ければいつでも見えた満天の星
人間と宇宙の距離がずっと近かったころのおはなし。

そりゃ、昔の人は宇宙を忘れて眠るのは大変だったかもしれぬ
や、忘れても忘れられない大宇宙の夜が常にそこにあれば
むしろあきらめよく、すやすや眠れたのか

昔の人にとっての住居とは、屋根とは
宇宙から自分を隠すささやかな闇のありかだったのかもしれない

今になって、宇宙は地上でもビッグバン
空がみえないのはそのためじゃないのか?

何百年も前の超新星の記録
いつ来るかもしれない彗星
よく書き留め、読み返したもんだ
quicktimeもblogもない、巻物だけの記憶装置

万有引力、相対性理論、虚数の時間、ひも理論
無から有へ、振動宇宙、ブレーン宇宙論、暗黒エネルギー

しかしこれらは、どれも人間にも置き換えられる
惑星の上のそれはちっぽけな衛星である人間に

そうして僕は眠ることにする

はて?

宇宙は
ねむるん?

とびおきる…

シェアする

関連記事

  1. 2009.02.25

    こむもの
  2. 2021.02.21

    今日耳日曜
  3. 2020.08.23

    sugao no mousou

Calendar

2008年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Category

アーカイブ