Police 2.14

東京ドーム、

いい音だった。
んなわけあるか。

いくら凄腕のPAが居てもここの一塁スタンドで音楽を楽しむのは難しいのだろう。
映像も豆粒だったし、極悪の環境ではあった。

しかし、音楽はそれを突き抜けるものだ。
彼らは最高だった。

打ち込み、って改めて、感動を下げるな、とも思った。
Policeの曲でも例外じゃなかった。
Wrapped Around Your Finger
King Of Pain
これらで使用されたシークエンスの効果は、四半世紀経って、褪せていたと思う。
まぁ、当時のごく単純グリッドのドラムマシーンだけど。

だが生の演奏は、音にバンドの粘りが無かったPolice末期に比べてずっと有機的だった。
僕にとって、Synchronicity Tourあたりの音は、トーン、ビート共に平坦で面白くないのだ。
レコードはそれなりに、味わう事もできるが、やはり2枚目にはかなわない。

最近、10数年前に出た2枚組のlive盤を良く聴き直していて、
そこでも初期のBoston公演の方が圧倒的に面白い。
Bed’s Too Big Without You
Truth Hits Everybody
…全て!

今回のリユニオンでは、この頃並の一体感と、歳故の成熟はあったと思うのだ。

wowwowで放映があったのだが、まだ観ていない。じっくり観るとどうだろう。

シェアする

関連記事

  1. 2019.11.17

    11.16 COCOLO KYOTO
  2. 2015.03.18

    流鏑馬
  3. 2017.11.09

    曲作りの雑感

Calendar

2008年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ