ミライのキオク

リモートで参加した矢野誠さんのアルバムが完成し、リリース決定しました。

僕はバンドサウンドにベーストラックで加わる、という形態でしたが
久々にバンドで演奏したかのようで、とても楽しかったです。

70年代からアレンジャー、コンポーザー、プロデューサーとして
日本の音楽を彩り、引っ張ってきた矢野さんは

ストリングス、シンセ、アフリカン、ゴスペル、鼓や琴…といった変幻自在な編曲だけでなく、
さまざまなシーンをつなぎ合わせ、多くのキーパーソンを世に出してきた人でもあります。
鍵の中にある、本当の鍵、とでもいうのでしょうか。

人々を率い、つなげ、あるいは独り道をいく。音楽が服を着ているような人。
いつまで経っても憧れです。

今回の編成はとてもシンプル。

ピアノとパーカッションを軸に、空間アレンジと言葉との会話。
五人の詩人による歌詞、三者三様のボーカリスト。

曲が進むほどに深いポケットを味わえるアルバムです。
11.23リリース予定。お楽しみに。

『ミライのキオク』矢野誠

p.s.
このタイトルは色々な人にとっての道標な気はしますが
僕にとっては未来は常に記憶であり、記憶は常に未来です。

そんな記憶のふたつ。2007年の日記2004年の日記

シェアする

関連記事

  1. 2020.05.21

    neptune
  2. 2022.09.05

    +1次元
  3. 2022.03.20

    46:22
  4. 2022.11.23

    Mirai no Kioku
  5. 2020.12.15

    moon

Calendar

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Category

アーカイブ