げんとうき

flexlife との(ほぼ半年に一度の)貴重な時間が過ぎ

The Pretaporters のいつもながらのドラマのようなリハーサルも終了し

一息。

音楽はいいもんだ、と思う。

行き場を失った秋の虫のように、きょとんとした心がつぶやく。

幻みたいだ。

夢の世界を映すには、

ぼくの触覚はワイパーみたいに注意深い。

とことん地味にもならざるをえない、幻灯機の管理人。

ま、地道にいくかね。

誰も歩いたことのない地味な道を。

シェアする

関連記事

  1. 2019.08.21

    libre
  2. 2016.03.30

    目がなにを
  3. 2020.09.10

    皿の大きさ

Calendar

2018年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Category

アーカイブ