イビサ島のネコ

久々に 江里也さんの本 を読んだ。

スペインのイビサ島での一筋縄ではいかない人々と
彼ら彼女らに飼われ、世話され、
あるいはたまたま隣り合わせただけのネコたちの物語、27編。

のんきなスローライフ、という調子で始まるのだけど
途中からジャブ、じんわり染みてきて。
独立国の傀儡国王ネコ - 国民のやる気のなさに3〜4週間であえなく国崩壊 -
あたりでぐいぐい引き込まれ

画家たち

音楽家たち

亡命家

ヒッピーアーティスト

警察官僚

それぞれの振り切り具合と人間味、猫味に

今現在の状況とこれからの人生をずっしり考えつつ読んだり

終盤の「いつか日本にエステバンを連れて行こう」
というところで、涙出そうになってしまった。

シェアする

関連記事

  1. 2013.01.08

    つかさおさむ
  2. 2017.06.27

    詩集

Calendar

2016年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Category

アーカイブ