謳う廊下の怪人

夏以来、数年ぶり、そして初めての音楽仲間

国籍、嗜好、活動ポリシー不明

ある意味完全なアウェー

ある意味なんでもない日常

そんなシゴト

直前に貰った曲の
ハーモニーパートまで譜面にしてくれたロビン

それってそういうことだよな

その場まで通路で
歌詞とハモりをたしかめるふたり

人通り ひとどおり 人通り

つまりそういうこと

よっぽど 我ら変人に見えるだろうな
だが 彼にとっては なんでもないことなんだな

両方がわかるから 不思議な気分だ

そうやって、今日も過ごしました。

シェアする

関連記事

  1. 2016.04.08

    F for Fake
  2. 2019.01.04

    ゆびのさき
  3. 2020.07.13

    たこ焼き

Calendar

2015年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Category

アーカイブ