月見 じゃなかった夜

十五夜は半月

月の真ん中だから、ちょうどいいのかもしれない

虫の声と一緒に眺めていると
言葉にならない記憶が白壁と宇宙の黒壁を走りそうになる

どうぞ ご自由に

トレースすることも 否定することも
なくなりつつある 一時半

ふと気づけば
月はポケットに入っていた

ずっと大きくなって
逆さまの右手の中

いいよ
そのままで

眠っても いいからね

シェアする

関連記事

  1. 2012.10.09

    はるのうみ
  2. 2009.04.25

    また年めぐる
  3. 2019.01.26

    Poetry Bird
  4. 2010.05.17

    久々の煉瓦

Calendar

2014年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Category

アーカイブ