逆アコースティック

田中けいしゅうという、双葉町出身の政治家が、
高速道路の遮音壁を太陽光パネルにしようと発案しているらしい。

全国に跨がるし、角度上の不利はあるが立地上無駄にならない。

それはそうだが、むしろ遮音壁で発電する方がいいやんか。

太陽光パネルに遮音効果はなく、差し替えるとみんな困る。
それは誰でも判る筈。

遮音壁は、音エネルギーの振動を熱エネルギーに変えてる…という。
(実感としてはなかなかわかないんだが)

しかし、熱に変えられるなら電気に変えられない筈がない。

高速道路脇に行けばわかることだが、そこに溜まる音圧は相当なもの。
脇にビルでもあればえらいことになってる。
それこそ、都市が持ってる「通奏低音」ってやつだ。

ここに逆アコースティック技術を使い、振動を最大化し、その「ヘソ」となる部分に
ピエゾピックアップを仕込む。

もちろんその次はアンプではなく、エネループやで。

シェアする

関連記事

  1. 2020.04.14

    EMERALD from home

Calendar

2011年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Category

アーカイブ