そこにあるそら

荒井由実を聴き出すと
星が見えてしまってしょうがない

実際にオリオン座を見ながらだと
夢のアフリカも銀色のセスナも
ひこうき雲も曇り空も
翼の影の下も
調布基地も

なんだか
というか当然のように
そらばかりうたわれてる気がする

ユーミンのうたはとても和
そして宇宙ジンだ

浮遊感って
ほんとにそらにいる人じゃないと
意味合いが違ってくる

そらがとってもひくい

ほんとに低いんだろう
としかいいようがない

ユーミン初期 – 初期しかあまりきいてないけど
のレコードで偉いのは
サウンドがいくら疾走したり

建物をたてたり部屋を遊び回っても
うたは空を舞ってることだと思う

シェアする

関連記事

  1. 2017.06.06

    西国へ
  2. 2007.07.09

    ピアノの連鎖
  3. 2012.10.14

    carried away
  4. 2017.11.08

    上海、台北

Calendar

2010年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Category

アーカイブ