くぐりぬけるうみのそこ

送り火、迎え火。

雨のせいか脂の質のせいか松に火が点かず、
いつになく苦労したが無事。


明日が送り火の京都には、いつ行くことができるだろう。
大文字をシャワーから毎日眺めていた頃はもう何十年も彼方。近いは遠い。

戦いの忍び寄る2022年。

もう一度書くが、武力では平和は来ない。
踏み外せば人間はいくらでも残酷になれる。

この世を終わりにしたくなければ戦いなど望まないことだ。


再びリンク、2年前と、そこから7年前の日記。


日記題は寺田柾さんからの借用です。

シェアする

関連記事

  1. 2022.01.07

    七草
  2. 2017.10.28

    shamama
  3. 2019.06.28

    ohanashi19
  4. 2022.01.06

    五角形
  5. 2021.09.24

    秋分周辺

Calendar

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

アーカイブ