formation

小さなころ見ていた未来に
スマホなんてなかったのに

「人間」の生態描画が
ほぼ画面を見てるなんて
知りたくないだろうに

吊り革広告と大小の液晶画面に人々が翻弄される
キヨスクや列車での光景に
いよいよネットワーク社会はやばいなと思ったので

しばらく離れていました。

一種のデトックスですが
その感覚は今でもつづいていて

この半月ほど、いろいろなところに旅したり
人や食べ物や建物に会ったり
インプットもとても多いのですが

フォーメーションを変えようと
いうわけです。

それはなかなか むずかしい

だけどね

自分の足で歩いて 直に見て 話して 聴いて
そんなのが よっぽど。

シェアする

関連記事

  1. 2019.12.16

    さんくす
  2. 2015.10.09

    じゅうがつ
  3. 2014.01.16

    壁のむこう側
  4. 2020.04.07

    最優先事項

Calendar

2016年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Category

アーカイブ