floatin’ universe

ここしばらく、物理的にして初期的な疑問ばかりこの頭は呼び出してくる。
どうやら元々理系だった家系=元来の自分と無理矢理数学嫌いになった自分の断絶をパスで結ぼうとしているようだ。

明治通り。人間と車の移動をカフェから見ている。ヒトの頭は上下しながら進んで行くのに、車はその必要なく左右にすーっと通り過ぎて行く。勿論実際はすーっと等ではなく、ぶーっと、ぐぉーっとであろうがガラスと店内の環境はそれらを抹消する。
この差は何だ、また、どうしてヒトの頭は一番てっぺんについているのだと思う。
高いビルなどに居たりすると、どうして金持ちや権力者は上階に登りたがるのだろうと思う。
これらには或る程度、ヒツゼンがあるのではないか。

車上の頭が滑らかに通り過ぎる、それは「クルマ」という回転を直線に変える(所詮地球の外径を沿う疑似直線としても)変換器のおかげ。
ヒトの身体はそれ自体が、ショックアブソーバーである。考えてみれば二本足なんて構造で我々が立っているのは、不思議なものだ。ダブルベースを弾いてると、その馬鹿でかい図体との三本足でバランスを取らなきゃどないもしょうがない事があるわけだが、そんな時を顧みて、ふと思う。いや、二本足で立てるんだから、三本足でも立てるんだ。テーブルに出来る事が何故ヒトに出来ない??

ともあれ。
脳は頭にある。アブソーバーの上に、地表から離れて存在し、移動する。
幽霊は足が無いというが、幽霊とて頭の位置は我々とさほど変わらない筈だ。身長測定があったらやつらはある高さで留まり、これ我が身長とバラすに違いない(高くなったり低くなったり、そんな面倒な事はせんやろ)。

なんで人間の頭は、腰や心臓や、足の位置に無いのか。手塚治虫のブラックジャックに、確かどっかの博士が胸に脳を埋めた鹿が巨大化し、大騒ぎした話があったが、やはり奴らオペ動物もそれでは困ったわけだ。
ガンダムにしても同じだ。あの話は何が画期的だったって、それまでのロボットアニメと違って乗組員が頭でなく臍の位置に居座った事だが、それをリアリティーだ、と思っていた自分、ふと考え直す。果たして。操縦はヘソ裏でいいのか?それは胎児の特権だぞ。いや、胎児は母体と協調するかもしれないが、操縦はしないだろう。

動物にしても、首が長かったり短かったりの差はあれど、だいたいは一番上に頭が来る。もし下に届くとしても、それは下にある餌を直接食べなければいけないからで、その必要がなければどうか。上だろう。

結局、人間は上から考える事が必要、或は楽なのではないか。ある程度地表を離れ、筋肉と骨と神経の体躯に支えられ、フローティングして脳が存在する事が。鳥には空(大気)が、魚には海(水)があるが、ヒト脳が大地に直接固定されているとしたら、これは恐らくまずいのだ。何故なら。- – – ヒトは天体なのだ。

– – – 天体が突飛ならぐっと例えを下げてもいい。
一国一城の主、なんて言うが、ヒトは誰でも一国一城の主なのだ。

また、重力と反対向きの端に頭がある事を思えば、ヒトの頭の上にはあまりモノがあってはいけないのだ。
してみると帽子もそんなにいいものではないし、ハゲたとしてもそう後ろ向きになる事も無いだろう。
どうして武士は重い兜等を付けたのだろう??何がそんなに、良かったの?

The Policeの最高傑作(と思う)に、アルバムReggatta De Blancがある。一番いかしてるのは裏ジャケットだ。三人の頭上からのショット。今Stingのそれを撮ったらどうか、やはりあまり考えたくはないけど、この構図には言い表せない独特な、ああ、なるほどね、があるのだ。

さて。
車にはヘッドライト、ミラー、タイヤがあり、それぞれヒトの目、耳、足に対応している(らしい)。どうして目はヘッドライトなのだろうか。ライトは照らすだけで、見るわけではない。見るのはその上にいるドライバーの目だ。ネコの目は光るが、同時に見れる。しかし自動車の目は見るという目的からすればフロントガラスだ。なのになんで?

あまりヒトが不思議に思っていないことを見ると、目は光を受けるだけでなく、やはり出すものなのだろうか。
僕はこんな事で、けっこー悩む。

光を反射の果て、漆黒に落とし込む。日本の美のかたちのひとつという。
その漆黒がまた起点となる事もあるかもしれない。すると。

目は外界と脳の間のブラックホールみたいなものか。
外界の全てが、黒い瞳に吸収され、焦点を過ぎて反対側に投影され、脳細胞の一つ一つが対応、反応する。
One to Oneでなくてもいい。Universeが、焦点を超えて脳内のUniverseに投影されるのだ。
認識されなければそのヒトにとっての世界はない。しかし脳細胞は、世界を認識できるぐらいのキャパはある。
何千万画素のCCDでもどんな有機ELでも、実際我々が見る世界には到底及ばないし、しかも大部分のヒトは宇宙なんか行った事もないくせに、銀河系を容易にイメージする事ができるのだ。
– – – 僕がヒトは天体じゃないかと思う理由のひとつもそこにある。

しかし。夜光るヘッドライトに僕はいつも、その上の暗闇に本当の目がある事を忘れてしまう。
ヘッドライトとは目ではなく所謂目つぶし、が正解だな、きっと。
翌晩TOYOTAのプリウスの後ろを走った。あのブレーキランプ、あれも目潰しだ。

シェアする

関連記事

  1. 2015.11.06

    あれっ
  2. 2009.03.01

    きれいなめ
  3. 2016.05.04

    ただ思うこと
  4. 2015.04.26

    ET 不時着す

Calendar

2008年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Category

アーカイブ