Lapis Lazuli 全曲解説

Q-Atlantis
アトランティス大陸はあったのか?
おそらく、アジア民族の我々よりはるかに
かつての欧米人にとっては重要な問題だったはずだ

ここ 極東では
大陸と 海と 半島と 島と 島と 島と
台風があろうが なかろうが
海はいつも渦巻いている
バミューダがトライアングルならば
こちらは鳴門の渦潮である

世界は渦巻いているんだろうか
Q の文字のように
アフリカのように
アジアのように
世界は遺伝子を集めて
スマイルを落とし
ヌンチャクにつかまり
渦巻いている

Lapis Lazuli I
あそこでも、こちらでも
みんな騙しあってる

CITY をつくり、かねをあつめ
はみだしたものは吸い寄せられる

絵の具
どうしてこの曲ができたかわからない
サッパリわからない

ひかりのなかま
きぼうはそらをとぶくるま
きょうのあしあとをけしてく
グリッドに意味あるのって
シンセもドラムマシンも使わず
人力でやりました
あの柱時計の音
覚えてるから

Lapis Lazuli III
鍵をあけると夜空
あんごうは
きれいなものと
おぞましいものを
ひきかえてる
きれいなものには
わけがある
そうじゃないものにもね

Hold You
だきしめるんじゃなくて
だきとめるんです

あいするとはかぎらない
はがいじめするのだ

どこにもいけるってことは
どこにもいけないってこと

その檻はその扉

どうする? すりぬける?

Lapis Lazuli II
さばくのことば
いなかまちのことば
ニセモノ都会のことば
ニセモノ歴史の言葉
パンにふられて
定位置から動けなくて
それぞれ
がなってる
なんだかたまらないから
ブラシでスネアを
ぶったたく
バスドラも
踏まずに

アカレンガイロノクルマ
そらにとどく
欅の
ブランコ
列車のかわりに
のりこむ
クルマ

つぐみ
オルゴールが
壊れたら
自分で
作ろうよ
雨の夜に


アルバムページ
編成記録

Calendar

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728