詩集

昔からぼくは不思議なやっちゃ、と言われ続けているのですが

本人いたってそんなつもりなく、ただ興味あることをふわふわと考えたり
頭上にいつも「?」マークを浮かべてたギタリスト詩人や
彼をそう形容した 映像作家 を、変わってるなぁと眺めたり(即ち彼彼女に比べたら全然フツー)
真面目に考えすぎて書き連ねては、よくわかんなくなったことを行を遡って蒸し返したり

そんなことを繰り返しているうちに、詩が結構たまっていました。

SSW 気取って歌ってみたりもするのだけど
どうも人前に出せる味にならない
というよりぶっちゃけ〇◉すぎる

Donovan でいいんだけどなぁ
Marc Bolan (初期)でいいんだけどなぁ
Green Gartside がいいんだけどなぁ

妙に理想が高い

そんなことを繰り返しているうちに年月日が経って
このままじゃもう退場だな、と思っていたところ
チャンジュンたちに背中を押されたこともあり
詩集を刷ることにしました。

詞なんて
人に歌ってもらえばいいじゃん、とか
メロダインで直せばいいじゃん、とかボカロPでいいじゃんとか
言われてますが、僕のはどうもそんな感じでもないし
「そのうちレコードにします」とだけ言い残して。

でも言葉だけの作品もいいのかもね。

僕はかつては、曲の歌詞など一切興味持たず、インストか、(すぐに理解できない)洋楽しか受け付けない人でした。日本語の歌詞が直接耳に入ってくるのが、好きじゃなかった。それがあるとき、言葉に興味を持ちはじめ。

人の興味など、わからないものです。
言った尻から変わってきたりもする。

入れた詩は、自分としてはわかりやすいものを集めたつもり。
前のめり 後ろのめり だが踏みおろした地面には穴が空いてて
そこは空だったりする。

でもどうだろう。紙に載せてみるとまた味が違ってきてる気もするプレパラート。

初版まさかの完売につき、増刷中です。
よかったら。

happy b yano-san

矢野誠さんのお誕生日会を兼ねた、レコードコンサートに行く。

お会いするのは何年ぶりだろう。とてもお元気そうだ。

矢野さんの手がけた音楽をひたすら聴くといういい夜
ときどき「ならでは」の制作話が。

お店に入った時は矢野顕子さんのデビュー作(プロデュース名: 小東洋)
それから鈴木慶一さん、あがた森魚さん

82年、誠さんエレクトリック期の Injection(シンセの音が太い!)、石川セリさん(盤面がエメラルドでとても美しい)、Romy さん(NY ポップと友部正人さんの詞のコントラストが深い)

幻の名盤(全く知らなかった)
広田レオナさんの “Leona”
- これ聴いてて、宇宙変わりましたよ。再発希望です

そして誠さんソロ、仙波さん浜口茂外也さんの、和と洋とインドとアラブの世界。

あむ〜Chorusing は、改めて涙出たなぁ。

企画と選曲の岡部さん、ありがとうございました。
ショボクジラ・チビコブラ も聴きたかったです。

ソロライヴも

力強い左手と儚い右手の煌めき
アフリカンと印象派
変わらず
この人の夢に僕らはどこまで迫れるのだろう

矢野さんはいつでも気さくで
こんな僕とも
また一緒にやろう、と言ってくださる。
いつの日か。ぜひ!

Blue n Gold

公式タイトルは HALL TOUR 2017 だけど、誰もが Blue と呼んでいたツアーもファイナル。
青い舞台での19本はあっという間だった。

わかってはいるものの、楽しい時って、あっという間。
疲れ知らず。

振り返る間もなく次がくるので先に向かいますが
この3ヶ月に起こったことは
いろいろと、糧になるだろう、と思っています。

ソロアーティストのサポートでありながら
バンドのように楽しませてもらったトリオどん、メンバー、スタッフ、
観てくださったみなさん、ありがとうございました。

次は J-Wave Live にてお会いしましょう。

なおツアー最終盤、土壇場になって編纂した詩集は
まだありますので、ご希望の方は こちら をどうぞ。

Sting at Budokan

すごかった。
Police 再結成含めて観るのは4回目。自分の感受性が大きくなったこともあるのだろうけど、
今回マジで感動した。6.6.

2階の北東スタンド、はるか上部からステージの左後ろを遠く見下ろす
どう考えてもいい席ではなかったのに、魅了されるって、どんなパワーやねん。

新作もロックだが、完全に開き直ってか、ポリスの曲もいっぱい。

本編トップが
Synchronicity II
この曲の一節
“Packed like lemmings into shiny metal boxes”
東京やロンドンの地下鉄に乗り込む人々を表してるようで、九段下の混雑合わせて感慨深い。
なんて考えて選曲したわけではないんだろうけどね。
(So Lonely のMVは、まさに東京の地下鉄での撮影だったのだが)
そして2曲目が
Spirits in the Material World
音楽に興味を持ったきっかけ、リズムから曲調から歌詞まで
ポリスで一番好きな曲なので嬉しくてしょうがない。
Englishman in New York
この曲の良さが、やっとわかった…というか素晴らしい曲だと実感。
イントロのベース、”Be yourself, no matter what they say” のリフレイン、
キタなぁ。
これ、紅茶好きの英国人だと言われても実感の持ちようもないけど
異邦人の歌、画一化に立ち向かう曲だった。そんな2017年。
同調圧力や隣組や「いいね!」の束縛にも。たぶん。

全部書いてるときりがない。

彼のメッセージって
“Sending out an S.O.S.” が40年近く後のネットと酷似してたり
時代を超越してるとは思うものの
聴き手への届け方が真面目だったりオシャレだったりロックだったり
曲やフェーズによって異なるので、長年聴いてたぼくもある時は好きになれなかった。
まっすぐすぎる穏やかなスティングは面白くないな、とか…

でも今回は、そんなのもひっくるめて、こういうことだったのか!?
のような、わかった(ような)気持ちにさせてもらえた瞬間が多々。
これって、もしかして、ステージ左後ろ上方から観てたせい、かもしれない。

声や音や「気」が彼の場所からどうホールに届いて渦巻いていくか、
照明がどう客席に向かっていくか、
そんなのが、見えた(ような)気がする。
自分も不肖、ステージミュージシャンやっているおかげでもあるのか。

全く気負った感じはしないのに
ハイトーンから低い渋い声まで余裕だし。
前回キー下げてた Roxanne や Magic も、原曲のキーだし。

それに、わかっちゃぁいるものの
次から次へと、名曲ぞろい。
あれだけやったのに、まだこの曲があったか…と驚き続ける自分。

これでも、
Fortress Around Your Heart も、
King of Pain も、
Seven Days も、
Straight to My Heart も、
The Lazarus Heart も、
De Do Do Do, De Da Da Da も、
Set Them Free も
Don’t Stand So Close to Me も
やらなかったのだ。

個人的に聴きたい
Synchronicity I も、
When the World’s Running Down… も
やらなかった。

でも、そんでもこれだけ聴かせてくれた。

どんなんや。この人。

彼の視点は才能も運も努力も備えた、白人の天才の一つの見方、だとは思う。

それでも、世界にとってかけがえのない人だと、思う。

September 2017
S M T W T F S
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

categories

archives