Monthly Archive: July, 2017

ろくおん

一発録りというのはこの上なく楽しい
こんなリーダー、メンバーで
こんないいスタジオに入れるのは
〇〇冥利につきるよ

(音響ハウスのような素晴らしいスタジオが減っているのは残念ではあるけれど)

キューボックスには
前回はFX850を持って行って挿したけど
カナルフォンを毎回耳に押し込むのも面倒になってきたので
今回は折りたためるMT8を持参
やっぱオーバーヘッドの方が楽だし
ST900が苦手な僕はこれが合うのかも

ところでどうして、あんな写真が流れているのか
身に全く覚えはないけれども
おそらくスタジオに備わっていた
サンパチこと「大瀧師匠お気に入りの漫才マイク」が原因であろう

ミッシー解説

詩集 river silver については神谷くんがいろいろと書いてくれていますが
(あることないこと)

この中で一番古い詩はどれかなぁ、と思い返すと
「ミッシー」のようです。
題名は最近つけた、つまり一番新しいのですが
ミッシーとは’99年ごろケンブリッジの一軒家に学生7人で住んでいたとき
家にいた猫のことで
とてもお腹が大きく指が6本あり
ドアを前足で器用に開けられるくせに
50cmの高さから降りることもできない
それは和む存在でした。

そもそもの詩はもっと昔、京都にいたころに
最初の一節をRhodesか何かを弾きながらMTRに録音し
くたびれたのでそのまま寝かせて
たぶん2010-12年のある夜中に肉付けしたのだと思います。

さて特別に
ミッシーの姿を載せよう、と思いましたが
よく考えたら、それってイメージを限定してしまいますよね。
写真で光ってる目だと、なんだか怖いし。

やはり想像にまかせることにしましょう。

J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017

でっかいなぁ横浜アリーナは。

ひっさびさに二人の後ろで PIECES OF A DREAM
BPM143なのに156 (x 2 = 312 !) でぶっとばした ゆめのしま
鍵盤が4人なんて生まれて初めて 魂の Indigo Waltz

音楽のジャンルは分け隔てなく
いいと思うものはなんでも聴き、やってきたぼくだけど
ベーシストとしての起点 = black music に戻してくれた今年の J-Wave Live。

なにしろ
Dennis の Gospel Choir 以来の YURI さん、頼もしい
ホーン隊、音色もタイムも素晴らしい
頼りになるわっちとはじめさん
全くタイプが違うのに不思議と混ざる kubota & CHARM コンビ
いつもの神谷くんとずっと前から知りあいなのに初めてできた朝倉さん

いろいろありすぎてきりがない
大橋トリオスペシャルバンドでした。

さーて、しばらくライヴ予定はなし。
9月からの再始動までは、いくつか rec にはげみます。

ほんとなら自分の創作を進めたいが、できるかな…

ベースは木である

やけにウッディな今回。

遠くの森から、よく来てくれたよ。

フィルターやファズも時々かけるけどね。

曲とてもたくさん。よろしくたのむ!


J-WAVE LIVE のメインは、この春 Ozimas Guitar Atelier さんにオイルフィニッシュにしてもらった Lakland。隣の F bass もオイルなので、兄弟みたい。

タイムマシン五七五 – 於金沢

きみだって タイムマシンに あこがれる
これがありゃ 思い通りの 過去未来

過ぎ去った やつにいつでも 会えるかな
厄介な ピンチが来ても さきまわり
こりゃいいや 食べる前から 味わかる

新幹線 くるっと回せば 後ろ向き
かがやきで 二時間三十 五分だよ
列車では 未来は過去に 向かってく

想い出は すぐそばなのに 届かない
海に出りゃ うずまきばかり きみを追う
彼女はね 眠る前から 起きている

タイムマシン おぼえてたけりゃ 忘れよう
タイムマシン 忘れるために おぼえてる
タイムマシン すべてはきみの いま次第


5.12 朗読。詩集未収録。
季語がないという指摘には、季語は「タイムマシン」である、ということにしときましょう。

July 2017
S M T W T F S
« Jun   Aug »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

recent posts

  1. 2017.08.08

    ろくおん
  2. 2017.08.04

    ろくおん
  3. 2017.07.31

    ろくおん
  4. 2017.07.27

    ミッシー解説

categories

archives